売りたい商品情報をダイレクトメールで届ける

商品情報を発信する方法は、一つではありません。一軒一軒訪ねて、商品のことを伝えることもできます。しかし、昔のように専業主婦が減り、結婚した女性といえども、日中は働きにでています。また、営業に来ただけで、警戒して話をしてくれない人もいます。そこで、商品展開を考えている一定の地域に対して、ダイレクトメールを送ります。これは、実際に郵便物として発送するのも、前もって集めている顧客に対して、メールを送る方法もあります。こちらの場合だと、住んでいる地域は異なるので、年齢層や家族構成や趣向品などで、選択されることになります。一方的ではありますが、一度は目を通してもらえます。もしも、興味のある内容であれば、アクションを期待することもできます。それだけに、手に取ってもらう時に、興味をなくさせないことが、大事になります。

ダイレクトメールにはお得な情報が満載です

さまざまな情報をいち早く知りたいときに役立つのが、ダイレクトメールです。あらかじめメールアドレスを登録しておくことで定期的に送信されるダイレクトメールには、最新情報が豊富に掲載されています。新製品の案内はもちろんのこと、キャンペーン情報やモニター情報など、お得でうれしい情報も満載なので、上手に活用することでさまざまなメリットを実感できると言われています。メールアドレスの登録は無料ですし、パソコンはもちろんのこと、スマートフォンのメールアドレスも登録できますので、自分にとって一番都合のよいメールアドレスを登録しておけば、いつでも好きなときに開封して中身をチェックできるので便利です。特にスマートフォンに届くように登録しておくことで、外出先や通勤時間など空いている時間に目を通すことができますし、お得な情報を見逃して後悔することもなくなります。

ダイレクトメールを利用する際の注意点

企業などにとって、広告媒体として活用しやすいのがダイレクトメールです。テレビCMなどと比べると非常に安価な価格ながらも広告効果が得られるため、活用している企業も多いですが、その際次のようなポイントに対して注意しておかなければ、せっかくの顧客が離れてしまう事も考えられます。まず挙げられるのが顧客ニーズと合致しているかという点で、無作為に近隣に送っても、元々企業を利用しない人にとっては迷惑と取られてしまうことがあります。新規開拓などを兼ねて行う場合は、事前調査をしっかり行い、その地域のニーズと自社サービスなどが合っているかを考えておかねばなりません。次に挙げられるのが内容で、メールの形状や内容、カラーかモノクロかで制作費用は大きく変わります。事前に業者に見積もりを依頼し、予算に照らし合わせて検討することが重要です。上記の注意点をしっかり押さえ、ダイレクトメールを利用することをお勧めします。

中小ロットに特化、徹底的にコストカットを行います。 東京近郊でDM発送代行業者をお探しのお客様はぜひ当社までお問い合わせください! 定期的なDMの印刷・発送のご依頼でさらにお得な料金をご提案。 面倒で時間のかかる広告郵便申請も当社で代行します! 数多くの作業現場と熟練のスタッフを抱える強みで、急な案件、準備期間の短い案件にも対応いたします。 ダイレクトメールの発送代行ならジャパンメール